ふるさと納税の確定申告を簡単にするのは

ふるさと納税とは応援したい自治体や自分が生まれた故郷に寄附すると、お礼の品を受け取ることができる制度で、私の友達は海産物を貰っています。
海産物の他にも肉類、果物等、各自治体の特産品や名産品の他にホテルの宿泊券等、色々な種類のお礼の品が貰えます。
こういったことから、ふるさと納税は多く人から注目されており、お礼の品がもらえるというメリットの他に、節税ができるというメリットもあります。
支払った寄付金から自己負担の2,000円を引いた金額を税金から控除することができ、還付筋や控除額は寄附した人の家族構成や収入によって異なります。
ふるさと納税で還付や控除を受ける場合には確定申告が必要になり、サラリーマンの年末調整ではできません。
しかし、ふるさと納税ワンストップ特例制度を使用することができ、確定申告よりも簡単に申請することができ、寄付金税額控除に係る申告特例申請書を各自治体に郵送するだけです。
ふるさと納税ワンストップ特例制度の利用条件は、確定申告の必要性がない給与所得者、年間のふるさと納税の申し込み先が5自治体以内、ふるさと納税以外に確定申告を行わないことが条件となっています。

標準